1949年創業。1985年よりエディオンのフランチャイジーとして香川県内の6店舗を運営しています。
ホーム > 会社概要 > 会社案内

ごあいさつ

どれだけ社会をより良いものにしたか、
どれだけ多くの人を幸せにしたか。

その姿勢に対する「賛成票」が売上であり、
その努力に対する「評価」が利益。

それが私の経営に対する考え方です。

お客様を幸せにする。社員を幸せにする。取引先を幸せにする。それらの結果として、より大きな利益を生み出し、会社をさらにより良く発展させる。

eコマースの利便性がますます高まり、高齢化・人口減少が急速に進む社会においては、これまでのような大型店舗による大量展示・大量販売のスタイルは、相対的に非効率かつ高コストなものになりつつあります。

高齢者が一つの商品を買うために車を運転して店舗に出向き、広い店内を歩き回って商品を探すことは不便以外の何ものでもなく、スマートフォンのクリック一つで届く商品の方が安く早く簡単に手に入る時代。数量や価格以外の価値とは何か。

いま求められているのは、これからの時代の新たな「小売業の形」なのです。

1. 顧客と顔の見える関係を築き、
2. すすんで顧客宅を訪問し、
3. 家電に限らず幅広い分野で役に立つこと。

これが未来に対する私たちの回答です。

まずは100年続く企業を目指して。私たちはこれからも挑戦し続けます。


代表取締役社長 対馬 誉仁

会社概要

会社名 タケヤ電機株式会社
事業内容
  1. 家電製品の販売
  2. 住設商品の販売
  3. 電気工事、アンテナ工事及び住設関連工事
  4. 前各号に附帯関連する一切の事業
代表取締役 対馬 誉仁
設立 昭和28年3月 (昭和24年7月創業)
資本金 3,550万円
所在地 〒761-0101 香川県高松市春日町1655-1
TEL TEL:087-843-7768 FAX:087-843-0824
URL www.takeya-d.co.jp
取引金融機関 百十四銀行、四国銀行
顧問 (会計士) 桑島 洋輔 ・ 矢野基樹
(社労士) 岡澤 景子
所属団体 高松法人会 優良法人部会
香川県電気工事業工業組合

代表プロフィール

1977年10月
香川県高松市生まれ
1996年03月
香川県立高松高等学校卒業
2001年03月
慶應義塾大学商学部卒業
2001年04月
JPモルガン証券株式会社入社
投資銀行部門にてニューヨークでのトレーニングプログラムに参加。その後、株式資本市場部にて、大手企業向けの資本調達アドバイザリー業務に携わる。
2005年06月
株式会社ライフェクス設立
代表取締役に就任(現職)
主に首都圏及び関西圏にて富裕層向けの高品質な家事サービスを提供。
2012年04月
当社に入社
2013年07月
専務取締役に就任
2015年07月
代表取締役社長に就任(現職)

組織体制

組織体制 組織体制

沿革

当社は1949年(昭和24年)、戦後の混乱の中で現社長の祖父である対馬恭三により創業されました。最初はさぬき市志度の生家から離れを移築した店舗とも呼べないような店舗で、深夜フェリーで大阪の日本橋に出向き、仕入れた部品で組み立てたトランジスタラジオを販売することから始まりました。

その後の日本の経済成長と家電市場の発展とともに店舗網を拡大し、踊り場となる不景気やオイルショックなどの逆風を乗り越え、地域の皆様に支持される家電販売店へと成長しました。日本中が豊かになっていく時代に最先端の家電製品を届けることは、人々の生活をより便利で快適なものへと変える非常に大きな社会的意義を持つものでした。

バブル崩壊後のデフレ時代には県外から多くの大型量販店が進出し、家電市場は激しい競争にさらされました。厳しい価格競争と出店競争により撤退や廃業する家電販売店も多い中、当社は経営の健全化と財務体質の強化に努めてきました。当社がこのような環境を生き抜いてこられたのは、お客様とのつながりを大切にする当社の姿勢と、それを支持していただいた一人ひとりのお客様のおかげです。

いま、我々はまた新たな時代に直面しつつあります。高齢化と人口減少はすさまじい速度で進行し、これまでに経験したことのない社会を出現させようとしてます。ITテクノロジーの進化は、物の買い方や時間の使い方だけでなく、我々の生活の順序や枠組みそのものを変えるほどの影響を与えます。これまでとは全く異なる生活スタイル。そのような未来がすぐそこまで来ています。

私たちはこれからも最先端の技術や製品で、皆様がより良い毎日を実現するお手伝いをしていきます。

1949年 S24 7月 対馬恭三が高松市松島町にて電気店を創業
1953年 S28 3月 有限会社竹屋電気設立
1963年 S38 3月 竹屋電機株式会社に組織変更
1967年 S42 10月 「カタモト店」出店
1970年 S45 11月 「木太店」出店
1975年 S50 11月 「ジョイ店」出店
1976年 S51 12月 旧「さぬき三木店」出店
1979年 S54 7月 「屋島店」出店
11月 商号を「タケヤ電機株式会社」に変更
1981年 S57 2月 「ジョイ店」閉店
12月 「空港通り店」出店
1985年 S60 1月 「ダイイチ」(現:エディオン)のフランチャイズに加盟
   旧「さぬき三木店」を移転し、「ダイイチ タケヤ三木店」オープン
1986年 S61 6月 「高松扇町店」出店
1987年 S62 11月 「宇多津店」出店
1988年 H1 11月 「ダイイチ」(現:エディオン)と全面業務提携
   ストアブランドを「ダイイチ タケヤ」に変更
12月 工事部門を独立し「タケヤエンジニアリング(株)」設立
1991年 H3 10月 「木太店」閉店
11月 「さぬき志度店」出店
1993年 H5 4月 対馬健三が代表取締役社長に就任
1994年 H6 9月 「宇多津店」閉店
1995年 H7 9月 「栗林店」出店
1997年 H9 4月 ストアブランドが「ダイイチ」から「デオデオ」に変更
1998年 H10 4月 「栗林店」閉店
10月 「カタモト店」閉店
11月 「丸亀店」「坂出店」をデオデオ直営店から引き継ぎ
2002年 H14 9月 「空港通り店」閉店
9月 「カタモト店」再出店
2003年 H15 12月 「土庄店」出店
2006年 H18 5月 「坂出店」閉店
2007年 H19 5月 「丸亀店」閉店
2013年 H25 4月 ストアブランドが「デオデオ」から「エディオン」に変更
5月 「カタモト店」を屋島店に統合
6月 「屋島店」改装オープン
2014年 H26 6月 「高松扇町店」改装オープン
7月 工事部門を「技術サービス部」として統合
2015年 H27 7月 対馬誉仁が代表取締役社長に就任
2016年 H28 6月 「さぬき志度店」改装オープン
2018年 H30 2月 「さぬき三木店」改築オープン
6月 「坂出元町店」出店